稲村 広幸(いなむら ひろゆき)

稲村 広幸

  • 1970年12月生まれ
  • 埼玉県出身
  • 東京都社会保険労務士会所属 登録番号11090061号
  • 埼玉県行政書士会所属 登録番号12130539号
  • 保有資格
    • 特定社会保険労務士
    • 年金アドバイザー2級
    • 行政書士

独立までの略歴

  • 平成19年11月 社会保険労務士試験合格
  • 平成21年 8月 社会保険労務士登録(勤務等)
  • 平成22年 1月 行政書士試験合格
  • 平成24年 3月 社会保険労務士法人 東京中央エルファロ設立
  • 平成24年 5月 稲村行政書士事務所設立

自己紹介

中学・高校ではバレーボール部に所属していました。(私は大柄な体格なので「柔道とかやっていましたか?」とよく聞かれますが、残念ながら武道の経験はありません。)部活動は、正直、途中で辞めたいと思ったこともありましたが、根が負けず嫌いのため、途中で辞めると何か負けたような感じがしたので、最後までやりぬきました。あまり、強いチームではありませんでしたが、試合に勝つ喜び、負けたときの悔しさ等を教えてくれました。部活動でのかけがえのない経験は、自分の中で大きな財産となっているのは間違いありません。

大学時代は、運動よりも、もっぱらアルバイトに精を出していました。1年から卒業まで接客の仕事を学業と両立?させて行っていました。仕事と遊びも若さゆえの無茶を相当してきたのもこの時代になります。ただ、アルバイトをやったことによって最も良かったことが信頼できる友人達と知り合えたことです。知り合ってから20年以上経った今でも、頻繁に連絡を取り合い、色々と厳しい状況の中で時には叱咤激励をし、時には助言をしてくれる友人達には本当に感謝しています。

大学を卒業してから現在に至るまで主に中小企業で働いてきました。卸売業では拡販のために新規飛び込み等の営業を中心に、接客業では、接客サービスの他に店長としてアルバイトの勤務管理、売上管理等店舗の運営を任せられ、製造業では再度ルート営業を経験すると共に、商品を製造している中国に足を運んで現地の工場と折衝を行ったりもしてきました。現在、社会保険労務士として活動をしているのですが、結果として、今後の中小企業の労務管理に役立つものであると確信しています。

社会保険労務士になると思ったきっかけ

社会保険労務士の資格を取ろうとしたきっかけは、前の職場において労災保険に関しての扱いに疑問が生じたため、調べていくうちに社会保険労務士という資格があることを知り、そのまま流れで資格獲得へ向けて勉強し始めました。正直に言いますと、志があって試験を受けた訳ではないのですが、今は、企業をよりいい方向へ導くのが私の役目だと思っています。社長さんがたいしたことでは無いと思っていても従業員には大いに問題である事もあります。そのような場合、私のような中小企業の経験が長い者がアドバイス等を行うと、トラブルになる前に解決出来ることが多々あります。会社が上手く回るための潤滑油のようなもの。それが社会保険労務士の役割ではないかと私は考えております。

また、行政書士の資格も取ったことにより、企業の許認可のお手伝いをすることが可能になりました。労務管理だけではなく、許認可等の手続き業務も含めて、企業の潤滑油として活動していきたいと思っています。

専門分野

手続き業務全般

行政書士の業務は、官公署に提出する書類の作成を行ういわば、書類作成のスペシャリストです。私はその行政書士の資格をもっているため、手続き業務を得意としています。そのため、当社で行う社会保険や労働保険の手続き関係は、全て私が担当しております。特に社会保険・労働保険の申請はすべて電子申請によっておこなっているため、急ぎの案件にもスピーディーに対応できます。

会社や従業員がビックリするぐらい、素早く、正確に手続きを終わらせる・・・、そういった手続きをすることが私のモットーです。

求人票の作成

当社は企業が求人を募集する際に利用するハローワークへの求人票作成及び提出代行のサービスも行っております。この求人票は記入スペースも限られているのですが、その限られたスペースの中でいかに魅力のある求人票を作成するかが、求人募集の鍵となります。プロが作成する求人票を一度試してください。

助成金の相談・申請

企業にとって助成金はありがたいものである反面、物凄く面倒なものと認識されています。何故なら書類を作成するのは、かなりの手間と時間がかかるだけでなく、その後のいろいろな問い合わせにも対応しなくてはならないからです。そして、手間がかかため助成金の申請を諦めてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、面倒だからといって申請を諦めるのは早計です。私は、今まで数多くの助成金相談・申請にかかわってきました。会社にとって手間と時間のかかる助成金を受給するための書類の作成や、申請までを代行する事で経営に専念する時間を作るとともに、確実に助成金を受給出来る書類を作成致します。

お気軽にお問い合わせください お問い合わせはこちら
無料相談実施中 03 - 5822 - 6090(平日 9 時~ 17 時) お問合せフォーム

東京介護事業所サポートセンター

社会保険労務士法人
  東京中央エルファロ
〒110-0016
東京都台東区台東3-7-8
第7江波戸ビル301号室
TEL :03-5812-4245
FAX :03-5812-4246