労務経営ブログ

2024年4月改正障害者雇用促進法の対応とは?

2024年3月25日

2024年4月からの障害者雇用促進法の改正は、障害者の多様な就労ニーズに対応し、質の高い雇用を推進することを目的としています。改正点には、事業主の責務として障害者の職業能力の開発及び向上の明確化、短時間労働者の雇用率算定

続きを読む

東京都のカスタマーハラスメント防止条例を受けて企業が転換すべき対応戦略

2024年2月28日

東京都が「カスタマーハラスメント防止条例」を制定する方針との報道が大きく報道されています。実際に東京都産業労働局では令和5年10月31日より「カスタマーハラスメント防止対策に関する検討部会」をすでに3回ほど開催しており、

続きを読む

退職勧奨を円滑に進める方法~4.対象者の選定~

2021年11月24日

 退職勧奨で大事なことは何でしょうか?対象となる従業員から「合意退職」を得ることです。すべての準備はそれを得るために進めることを忘れてはいけません。そのためには対象者の選定をおこなうことも、そういった視点を持って選定をす

続きを読む

退職勧奨を円滑に進める方法~3.退職金や解決金の考え方~

2021年11月5日

 退職勧奨などで退職金や解決金などを用意することは、従業員が退職を決断する上でも、退職勧奨を円滑に進めるためにも重要な検討材料となります。退職金等の条件があるかによって従業員の退職を後押しすることもできます。  退職金等

続きを読む

退職勧奨を円滑に進める方法~2.再就職支援など出来ることを考える~

2021年10月22日

 退職勧奨をおこなううえで、辞めてもらう条件として再就職の支援を考えることは重要となります。外資系の退職勧奨相談を受けると、本国のHR(人事部門)から退職について諸条件の指示が出されますが、どの会社でも条件提示パッケージ

続きを読む

退職勧奨を円滑に進める方法~1.話し合いの場の重要性~

2021年10月19日

退職勧奨を進めるときに大抵は、「退職勧奨が有効と判断された判例を調べる」、「世間相場や会社の有利な条件を考える」、「希望退職などの方法を考える」などが一般的となります。もちろん社員と問題を起こさないためにもこういったこと

続きを読む

緊急事態宣言解除で増えた労働相談2点

2021年10月8日

緊急事態宣言が解除されてから1週間程度経ちました。テレワークを止めて出勤が開始された企業が増えましたが、それにより増えた労働相談は次の2つ。 1.マスク問題 少し前にマスクを付けないで飛行機を下ろされたとか、飲食店から出

続きを読む

コロナ禍による障害者雇用枠の退職問題

2021年10月3日

障害者雇用コンサルタントの若林です。 私は社労士として独立するまで一般企業で10年近く障害者雇用枠で働いていた経験があるので、その時の経験などを基に企業向けに障害者雇用の採用や定着支援、労務問題対応をおこなっています。

続きを読む

人事はお荷物なのか?

2021年9月1日

人事や経理、総務などバックオフィスといわれる部署は直接お金を生み出さないため「お荷物部署」といわ れることがあります。この傾向は採用や研修など細分化されている大企業でもあまり変わりません。 人事といえば、入社退社の手続、

続きを読む

外国人労働者を雇う場合のリスク

2021年8月22日

21日の朝日新聞朝刊に「外国人雇用に捜査の手」という記事が出ていました。 昨年秋に都内の会社でオーバーステイしているベトナム人を派遣したとして会社及び代表者が 書類送検を受けた記事を中心としたものです。この事件は結局、不

続きを読む
お気軽にお問い合わせください お問い合わせはこちら
無料相談実施中 03 - 5822 - 6090(平日 9 時~ 17 時) お問合せフォーム

東京介護事業所サポートセンター

社会保険労務士法人
  東京中央エルファロ
〒110-0016
東京都台東区台東3-7-8
第7江波戸ビル301号室
TEL :03-5812-4245
FAX :03-5812-4246